FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
右きき:左きき 2009.9.26
2009 / 09 / 26 ( Sat )
皆様の、左足:右足の大きさが違うこと
知っていますか?

ほとんどの方は、左足の方が大きいと思います。

「この事知っている人もたくさんいると思います。」

よく「靴買うときは、左足に合わせると履きやすい」
と聞いたことはないでしょうか・・?

なぜ左足が大きいのかな?

それは、日本人のほとんどの方が右ききだから!

左ききの方は、ほとんどの方が右足の方が大きい
と思います。

おもしろいのは、右ききの人は、ほとんど歩き始める
とき左足から歩き始めるのです。

座るときは、椅子の前で立ち止まり方向を変えて座る前
必ず右足で一度止まり方向を変えて座ります。

ぜひ一度友達で試してください!

ただし、子供のころ左ききで、治されている方は、
ちょっと違う行動をとります。
それと、家族に左ききの方がいらっしゃる方も違う
動きになります。

まあ、ほとんどの方は、同じ行動をとります。

なぜか?

「左足は、固定あしで右足は、バランス足だから」

左足は、どっしりと。

そのため足は、大きいほうが安定します。

右足は、バランスを取り次の行動に備えて俊敏に
動くためです。

右足は、すっきりと。

よく、ねん挫する確率は、右足の方です。
「ねん挫したことある人よく思い出して下さい」
左ききの方は、右足のねん挫が多いと思います。

「よ~く観察してみて下さい」

誠心流手技整体療法 小児:子供整体
スポンサーサイト
02 : 10 : 36 | まめ知識 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
小児整体
2009 / 09 / 03 ( Thu )
小児:子ども整体

*子供の身体からのメッセージ!!!

最近子どもが、大変・・・
幼児になると、でんぐり返しや高い所からの飛び降り
お兄ちゃん、お姉ちゃんのまねをして乱暴な行動に
なってしまいます。

まだ、骨格がしっかりできていないうちに、こんな事
していると身体に、ずれや変化が起きてきます。

今私共に来られている小児患者さんは、頚椎の変化
膝や足首の変化による障害がたくさんあります。

幼児は、身体の変化は、あまり気がつきませんが
良く見ると片方の足の送り方が変わっていたり、いつもより
元気が無かったりと、いろいろなサインを出しています。

親が気にしないと分からないことがたくさんあります。
風邪やお腹を気にする事と同じように、ちっちゃな
身体の骨格も心配してあげて下さい!

*次に小中学生の骨格について、この頃の子供は、成長痛に
悩まされています。

骨の成長は早く、しっかりした筋肉がまだできていないうちに
スポーツなど行動が激しくなって来ます。

それにかかわる指導者が、身体のメンテナンスの事を重視せず
競技をする事ばかりを優先して体作りの事は、後回し・・・!

こんな事で良いかな?

競技に勝つことより先ず骨格を正し基本トレーニングを優先
する事が大事じゃないかと思います。

諸外国では、トレーナーや監督がまず、その子の身体の状態
を確かめその子にあったトレーニングから始めるそうです。

外国から来た友人たちが口をそろえて言うことは、
「今の日本のスポーツに対する教育あり方では子どもがかわいそう・・!
 競技を指導するより先に身体作りをなぜ優先しないのか?。」


しかし親すら気がつかない子どもの身体の状態・・・?
他人には、絶対わからないと思います。

ぜひ一度ご相談下さい!
{指導されているトレーナー・監督さんもご連絡待っています。}

小児整体





01 : 21 : 59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。